背が伸びる方法~生活習慣

背が伸びる方法ですが、普段の日常生活の過ごし方も大きく影響を及ぼします。

例えば、座り方一つにしても、昔は正座をして座ることが一般的でした。

しかし、最近では正座をする機会は減り、椅子に座って過ごすことが増えました。

最近の小学生の子たちを見かけるとびっくりするくらい足が長く、スタイルが良い子を見かけたりすることもあるのではないでしょうか。

長時間正座をしていると足や膝が圧迫されてしまい、成長期に骨が伸びようとしているのを妨げ、背が伸びにくくなる原因と言われていますので、長時間の正座は避けて、やむを得ず長時間正座をする機会が多い場合は、時々足を伸ばしてマッサージをするのも良いでしょう。

また、その他の背が伸びる方法として、妨げになっているものですが、タバコも挙げられます。

以前からタバコは成長を妨げる原因となるため、未成年の喫煙は絶対に止めようと言われています。

実際にタバコは身長を伸ばすのに悪影響があるようです。

背が伸びる方法に関して、妨げるものの一つにタバコが挙げられます。

家庭内でタバコを吸う人がいる子どもと、いない子どもでは、タバコを吸う人がいる家庭の子どもの方が背は低いという調査もあるようです。

これは、喫煙していると血中の一酸化炭素濃度が上がり体に酸素が行き渡りにくくなり、成長を妨げる原因となるためです。

子どもの背を伸ばしたいとお母さんが思っていても、お父さんがヘビースモーカーであっては家庭内の環境は良いとは言えません。

子どもの成長のために、親や周りの家族が協力し合う体制が必要ですね。

また、背が伸びる方法ですが、睡眠も非常に大切です。

昔から「寝る子は育つ」と言われていますが、睡眠時間はもちろんのこと、睡眠環境も大切です。

寝る直前までゲームをしていたり、スマホの画面を見ていては、不必要な光の刺激を与えてしまいます。

早寝早起きをし、規則正しい生活をすることで成長ホルモンがしっかりと分泌されますので、気を付けたいですね。


Comments are closed.